読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習日記

大学生自転車乗りです。文章を書くのが下手なので、練習も兼ねていろいろ書いていこうと思います。

全日本学生選手権クリテリウム大会

4/29 土曜日 滋賀県近江ふれあい運動公園で行われた全日本学生選手権クリテリウム大会に出場してきました。結果は予選敗退でした。実力や状態から、とても結果を残せるとは思っていませんでしたが、あまりの実力差に圧倒されてきました。ですが、とても多くのことを学んだので、モチベーションや今後の練習につなげたいと思います。以下レポートです。


当日、4時間ほど寝て朝5時半ごろ目覚めた。移動中少し具合が悪かったが、何度か大便をしたらスッキリした。空港泊をするとお腹を下し気味になる。会場は暖かく、アップ前でもほどほど汗をかくほど。
アップは実走で10分ほど。時間はたくさんあったがなんとなく落ち着かなく、早めに切り上げてしまった。試走は3周半。道幅は普通でところどころ砂利があった。連続ヘアピンは道が狭く1周目が鬼門になると思った。
車検は意外としっかりしていた。注意する点がいくつかあったので、部内で共有しようと思う。車検後は自転車に乗れないのですぐ並んだ。位置は真ん中よりやや後ろ。
試走中からだんだん緊張が高まってきて、スタート直前ではドキドキと心臓の音が聞こえそうなほどだった。去年の白馬のよう。アップが足りてないがもう関係なかったと思う。
号砲と同時にスタート。予想通りハイペース。いや予想以上にハイペースでいつまでたっても緩まない。もがき続けたがどんどん抜かされ1周目終わる頃には集団最後尾にいた。後ろにはほとんどいない。2周目の連続ヘアピンで落車がありそれをかわしているうちに集団から完全に千切れた。数人と回したり頑張って踏み続けたが4?5?周で降ろされた。レース内容もまんま白馬だった。とても多くのことが分かったがあえて上げると、1周目ではもがき続けたが絶対的なパワーが足りていなかったのと、20秒や30秒で収まらず、少なくとも1分はもがけてインターバルに耐えられないとついて行けないと感じた。

今日は移動日で昼頃帰宅した。帰ってからはあまりの疲労で4時間ほど昼寝をしたので、トレーニングはせず休養日とした。明日からtttに向けて練習しよう。