読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習日記

大学生自転車乗りです。文章を書くのが下手なので、練習も兼ねていろいろ書いていこうと思います。

クリテリウム ポイントレース 5位 (2pt)

日曜日にクリテリウムレースがありました。そのレースレポートです。基本的に部の日記にあげたものです。

ちなみに自分が走ったレースは16周25.6kmで4周ごとにポイント(5、3、2、1、最終周は倍)周回のポイントレースでした。まともにポイントレースを走るのは初めてで、作戦など特になかったのですが、同じ大学からもう1人いてそいつと連携を取ることは確認していました。以下レポートです。


レース前
5時前起床、そこそこ寝れたので結構スッキリした寝起きだった。調子はいい方。筋肉痛も無し。
工具袋を忘れたりしたが、それ以外特にトラブル無く会場入りできた。会場は晴れ気味で風向きは去年と逆でホームストレートが向かい風になっていた。少し肌寒かった。
試走は3周、特にバック側のコーナリングを確認した。アップは2回に分け、流しそこそこ1分走2、3回30秒2、3回。心拍を上げてしっかり汗をかいた。会場には他チームの友人知人がたくさんいて、常に誰かと話せるので楽しいし緊張がほぐれる。

レース
珍しくクリートキャッチがワンテンポ遅れたが、みんなと同じくらいなので特に遅れることなくスタートダッシュ。ポイント2くらいの段差で早速チェーン落ちして止まったが、場慣れのおかげか落ち着いて上げて最後尾くらいで復帰。1周目のホームで集団が緩んだところで大外から一気に先頭に出れた。まあまあ脚を使ったが、息は大して上がらなかった。
2、3周目は先頭~中盤でヒラヒラした。ホームストレートでは、早めに外から前に出て内から落ちるようにすれば安全に風下に逃げれて楽できた。
4周目ポイント周回で多少ペースが上がったがキツくない程度だったので、1回目もがいて3位。その流れで2位の1人飛び出し、それにポイントで1位と4位だった2人が続いてその後ろに自分がいたが、前の2人に続くのをやめ、2人も遅れてきた集団に収まってしまった。それが最後、飛び出た1人が逃げ切ってしまった。結果的に前の2人についていけばよかったが、いろいろありその場では落ちることを選択してしまったのが失敗だった。集団も追いかける能力はあったかもしれないが、ポイント周回でもがく度にその後が落ち着いてしまって、集団の速度が上がらなかったのが逃げ切られた原因だと思う。
5周目以降自分の動きは、2回目のポイント周回を1周間違えて1人意味無くもがいたり、なかなか前に出れず3回目のポイント周回で中切れを埋めたりしたくらい。たまに引く時以外は集団中盤〜最後尾にいて特に何もできず、ダメダメだった。道新杯は直角コーナーが無くドラフティングしたまま1周するので、前にいても後ろにいても大して変わらない気がする。クリテというよりロードレースみたい。ラスト2?周で、先輩に最後2位取れば表彰台あると教えてもらい気合いを入れ直すが、左ふくらはぎが攣りかけで、最終周入る前に同大の相方にもう無理だと伝えた。せっかくだからリードアウトして消えようと思い、息を潜めて最終コーナーの立ち上がりで外からじわじわ捲ってみたら意外と伸び行けるかなぁと思いながら踏み込んでたら、案の定ふくらはぎがガチーンで最後までもがけず惰性でゴール。1位の彼はレース前に逃げると周りに言っていて、有言実行したのですごいのだが、自分たちは警戒しながら逃げられたのでほんとうに悔しい。

日記を見返すと、1ヶ月ほど前の練習でも左太ももを攣っており、左側もしくは体の使い方に何か問題があるのかもしれない。あと、レース前にbcaaのタブレットを飲みすぎたせいかりんごジュースを飲みすぎたせいか、中盤までずっと酸っぱいのが胃から逆流してきて辛かった。当たり前すぎるが適量が重要。ボトルの水が出辛く、レース中ほとんど水を取れなかったのも良くなかった。
レース前は、カフェインを買い忘れていつものようにギンギンで挑めなかったのが失敗だった。アップは上手くできたと感じるので今後に活かしたい。

今回は自分はレース中結構喋っていたのだが、もしかして周りにウザがられていたかもしれない。相方にも調子を聞いたり自分の状態を伝えたりしたのだが、同じチームだし事前に俺を使いたければ使えとは伝えておいたので、向こうからも調子やアタックかけることとか教えて欲しかった。この前の全日本クリテでは、同大で意志疎通を取っていたり監督の指示で動いていたりしていてかっこいいなぁと思ったので、うちもそういう連携が取れるようになりたい。


レース後体重61.4kg